ファイル共有あるある

どこの企業でもある事です。小さな部課で共同作業を行う場面で今アップしましたのよろしくの後に今のは誤ったファイルです。

追加の一報とショートカットのアップロード。

エキサイトニュース情報選びはインターネットで行う時代です。

小企業で部課単位で共同作業時に課員のPCスキルの高い一人がOS標準の機能で共有フォルダを作成しようとして、仕事の邪魔をすることになっただけで、結局元のUSBスティックの巡回に戻されることになることがあります。



しかもそのUSBをもったまま離席してしまい作業途中の集計表がタバコを一服しに行った課員と共に社外に出でてしまって、その部分だけ、作業が課員の帰席まで中断することになるのです。
しかも逆にPCスキルの低めの課員が公開用フォルダとローカルフォルダを混同して流しちゃいけない資料を流したりということはありませんか。

OS標準機能の共有やUSBメモリによるファイルの巡回では最低限度の機能だけがあるため、このような散々なあるあるが生まれてしまうのです。

今、最も注目を集めるファイル共有のための情報を提供するサイトです。

きっちりしたファイルの共有が可能な環境を整備しましょう。

それにここまでの中にもセキュリティ対策面での脆弱性も考えられるためしかるべき対策済みのファイル共有のしくみの整備が必要不可欠となります。

例えば先の課員が勝手に標準機能の公開用フォルダの作成を行うことは社内セキュリティの面から決して望ましい状況ではありませんきちんとした然るべき整備がされたファイル共有の仕組みを整備が絶対であるのです。


きちんとした整備を行えばあるあるではなく本来得られるべき正しい成果物が生まれます。