スケジュールの共有について

一昔前はスケジュールといえば、手帳で管理するのが一般的でした。


手帳は気軽に持ち運ぶことができる便利なものですが、持ち主本人しか予定を確認できないという欠点がありました。
たとえば、会社で会議の日程を決める際には、関係者全員に空いている日時をメールや電話で直接確認する必要がありました。



近年、手帳に代わるスケジュール管理の方法として、インターネット環境(クラウドサービス)の利用が一般的になりつつあり、特に企業ではこれらのサービスを積極的に採用しています。

インターネット環境を利用したスケジュール管理の最も大きなメリットは、関係者内で気軽に予定の共有ができることです。

たとえば、前述した会議の日程を決める際、主催者はあらかじめ関係者の予定を確認することができますので、あとは関係者全員の空いている日時を探すだけです。

従来のように、関係者一人一人に空いている日時を確認する必要はありませんので、大幅に手間と時間を削減することができるようになりました。近年では、社内だけではなく、取引先や関係企業との日程調整にも利用されるようになってきています。

公開範囲(公開相手、公開する情報等)は細かく指定することができますので、必要な情報のみ社外とも共有することができるのです。



また、ビジネスの場以外でも、大学のサークル活動、友人同士、家族内でもスケジュール共有は広がってきています。

もはや、スケジュールは個人で管理するものではなく、関係者で共有するものという考え方が一般的になりつつあるのです。

気軽にT-SITEはとても評判が良いです。